ベビー用品はかわいいものも多く、選ぶだけでも楽しいものです。
また出産祝いなどにもなかなか手が出せないブランド物は喜ばれるものです。
ベビー服を出産祝いなどで贈る場合に、気を付けたいことはいくつかあります。
まずは相手の好みです。
好みに合わない服はもらっても困るものなので、しっかりとリサーチしておきましょう。
わからないけれど、どうしてもあげたい!という場合には、ママのファッションなども参考にしながら、ベビー服ショップの店員さんの意見をうかがってみるのも良いかと思います。これまで自分が貰って嬉しかった、また贈ってみて本当に喜んでもらえたのはラルフローレンです。普段使いにも、よそいきにもシンプルで使いやすく、素材もしっかりしているので長く愛用することもできました。
そして、もうひとつ気を付けておきたいことが、サイズです。
ベビー服は50センチのものからあり、それ以上のサイズは海外のブランドなので日本の表記と少し変わりますが、その辺は店員さんにお任せすると良いでしょう。「出産祝い=新生児のためのもの」と考えがちなのですが、実際に50センチの服を着る期間はとても短いです。
また、まだお出かけできる機会も少ないので、せっかくいいものをもらっても、もったいない、ということになってしまいがちです。
サイズは80センチくらいを選ぶのがおすすめです。
お祝いでベビー服をたくさんいただいていそうな相手の場合は90センチでも喜ばれるでしょう。

やっぱりかわいいラルフローレン

私には子供が二人いるんですが、ラルフローレンのかわいさといったらないですよね。
赤ちゃんはすぐ大きくなるしすぐに着られなくなるんだから、必要以上に買うことはないし、お下がりなどでもらうことも多かったので数としては買わなくても十分なほど持っていたのですが、それでもやっぱりかわいいわが子に好きなブランドを着せてやりたい、と思うのが親心です。
赤ちゃんと呼ばれるのは一般的には0歳児ですよね、1歳になるともう歩きだす子もいてそうなると赤ちゃんとは呼べないかな、と思う人が多いと思います。
そう考えるとベビー服を着せられる期間というのは一生のうちでたった1年間なんですよね。
なので、その間に大好きなラルフローレンを着させてお出かけしたリ写真を撮ったりすることを存分に楽しんでほしいと思います。
子どもは早い子では1歳を過ぎたくらいから服の好みを言い始めて、この服は嫌だ、あの服がいい!という子もいるので、親が好みの服を着せられる期間も案外短いものです。
だからこそ、服くらいは親の趣味で着せてもいいと思います!
女の子物は品があってラブリーで、男の子物は凛々しく見えるラルフローレンはオススメです。